FC2ブログ

三つのスキル

仕事の話です。

英語の履歴書を作成する時は、三つのスキルを記入します。


一つ目は、ハードスキル。

これは、学歴とか資格です。

募集に合った資格を有しているかどうかです。


二つ目は、ソフトスキル。

ひと言で言えば、人間性でしょうか。

順応性があるとか、コミュニケーション能力があるとか。


職を得るまではハードスキルが大切ですが、

いったん働き出せば、ソフトスキルの方が大切になってきます。


最後は、トランスファー(トランスファブル)スキル。

これは前職で得た知識や経験が、次の仕事でも生かせるかどうかです。


例えば、新聞配達や交通量調査のアルバイトをしたとしましょう。

で、そこで得られたスキルは、次の仕事へ生かされるのか?


アタルにマクドナルドで働くことを勧めたのも、

このトランスファースキルが身に付く職場だと思ったからです。


では、野球はどうでしょうか。


こちらの野球は、様々なトライアウトがあります。

合格するかどうかは、60ヤードのタイム・打球の飛距離・球速が重視されます。


先ずこのハードスキルを持ってないと、チームに入れないんです。

(コネで入る場合もありますが)


そりゃね、守備や走塁に練習時間を多く使い、スキルをアップさせれば試合には勝ちます。

でも、そんなのトライアウトに必要ないですから。

チームとしては通用しても、個人としては通用しないんです。


じゃあ、なぜ日本の指導者は、そんな練習に多くの時間を使うのか?

最大の目的は試合に勝つことでしょうが、おそらく社会に出てからのことも考えているんでしょう。


長時間の練習や体育会系の厳しい上下関係を経験する事で、忍耐力など精神面が鍛えられます。

それはきっと、トランスファーできる大事なスキルなんでしょう。


就職すると上司によるパワハラや長時間労働など、理不尽なことがあるかもしれませんからね。

そう考えると、あながち日本の指導方法は、的を得ているのかもしれません。


組織力を重視する社会なのか、個人の能力を重視する社会のか。

野球を通して、それぞれに適したスキルを身につける練習をしているのかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
70位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking