FC2ブログ

個性を伸ばす

好きな練習・嫌いな練習って、それぞれあると思うんです。

以前は精神的なものと思っていたのですが、

それは遺伝的な要素から来るんじゃないかと思うようになりました。


例えばアタルは、長距離走は嫌がりますが、ダッシュは嫌がりません。

走るのが嫌じゃなくて、長い距離が嫌なんです。


たぶん、アタルは遅筋よりも速筋が多いタイプなんじゃないかと思うんです。

自分のタイプに合ってないから、長距離走を嫌がるんだと。


それから、「運動音痴の方がウエイトトレーニングに向いている」という説があります。

アタルがまさにそれなんです。

「ウエイトトレーニングは好き」とまで言います。


ですから、ワークアウトはウエイトトレーニングとダッシュをメインにして、

それを野球の動きに変換させる方法を取っています。

これが、この子に合った練習方法だと思うんです。

(苦手な事を克服させるのも良い練習ですが)


逆に毎日10kmのランニングをさせたり、バットを1000回振るような練習をさせても、

苦痛以外何ものでもないでしょう。

集中できないし、いくら頑張っても成果はそんなに得られないはずです。


おそらく日本の長時間のチーム練習は、7~8割くらいの子には合っていると思うんです。

でも、残りの2~3割の子には合ってない練習じゃないかと。


ですから、チーム練習は1~2時間にして、残りはタイプ別にやった方がチーム力は上がる気がします。

全員が長距離を走る必要も、バットを1000回振る必要もないと思うんです。


高校生くらになると、それぞれの個性がハッキリと出てくるはずです。

先ずはタイプ別に分けて、指導者はそれぞれの練習メニューを用意した方が良いんじゃないかと。


チーム練習が長いってのは、どうも個性を潰すようで引っ掛かるんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ま、なが~い独り言ですが
久々に書きます

Jayさんの見立てに100%共感いたします。
その上で、私の言葉で感じたことを・・・


言葉の表現が難しいですが、苦手克服というよりも、ないものねだりをしているな。
と、感じることが多々あります。
ですから、私が指導するというか、選手を見る時に注意しようと考えているのは、まさしくその部分です。

よく聞く言葉で
「指導に合うか合わないか」
って、ありますが、指導って一言で言っても、いろんなものあるので
なかなか言えませんが
私の中で、一つの答えがあるのは

「悪いところを指摘して、それを治そうとする指導は、絶対に伸びない」

と、確信しています。

少しむずかしいのが、
「誰にも悪いところというか、欠点はあるので、じゃぁそれを直さなくてよいのか?」

という、疑問が必ずついてくることでしょう。

その欠点が、メカニック的なことであれば、器用さであったり、柔軟性であったり、筋力不足であったりするのと、動作のコツ的事など、いろいろありますが、これらは、成長、劣化含めて、1年間全く同一のコンディションを保てるはずもなく、生き物ですから常に変化するものです。

私が言いたいのは、常に自分の体の動きを調性する能力こそが、もっともスポーツで重要であり、リズムであったり、バランス感覚(重心を感じコントロールする能力)にポイントがあると、考えています。

ですから、具体的なメカニック指導というものは、本人が試行錯誤しているなら、ちょっとしたアドバイスで急激に成長することはめずらしくありません。
多分、そういう次元になってくるのが、早いか遅いかというのがあって、実は、このあたりのことって、Jayさんが考えるように、遺伝的な面って大きいと、私も感じます。

私の考える、遺伝的な面とは、家庭環境です。子は親を写す鏡ですから、DNAというよりは、家庭教育による影響だと考えています。

親が、子供の方向性素質を見抜くことが出来れば伸びますし、親がやらせたいことだけを強制してやると、いずれ歪が出て壊れます。

アンバサダーさん、こんにちは

少ない指導者で全員を見るのは、画一的な練習が合ってますが、それはもう時代遅れな気がします。
ピッチャーでは、先発型とリリーフ型が同じ練習をしてもいいのか?という疑問があります。
先発型は主に遅筋を鍛えるトレーニングをし、リリーフ型は速筋を鍛えるトレーニングをするべきなんじゃないかと。
ま、これは大学生レベルになってからの話だと思いますが。

野手でもそれぞれのポジションに合ったワークアウトってあると思うんです。
数の少ない指導者でそれぞれに目を行き届かすのは難しいことですから、メニューだけ作成して、
あとは自主練習に任せるしかないと。

ま、親の協力がなければ、せっかく作ったメニューも台無しになってしまいますが。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
70位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking