FC2ブログ

パーソナルトレーナー

「体を大きくする=パワー・スピードがUPする」と考えて、

ボディービルダーの動画を参考にしてきました。

ウエイトトレーニングを2年間行い、それなりの成果は得られたと思います。


ところが、90kgを超えた辺りから、疑問が沸いてきました。

このまま筋肥大を続けてもいいのかと。

体のキレに影響が出てくるんじゃないかと。


そんな疑問にアーロン(トレーナー)が答えてくれました。


「大きくなるんじゃなくて、強くなれ」


当たり前の事ですが、「大きくなる≒強くなる」だったんですね。

でも、何を参考にすればいいのだろうか。


さて、アーロンとのワークアウトも5回目になりました。

実は3年前のチーフス時代も、アーロンにお世話になっています。

その時は、チーム全員のトレーナーとして。


二つを比べてみると、ワークアウトの質が全然違います。

もちろん、当時と今とアタルの筋力も違いますが。

例えるなら、既製品のスーツとテイラーメイド(オーダーメイド)のスーツの違いのような。


おそらく、球児もパーソナルトレーナーに依頼するのが当たり前の時代が来るでしょうね。

フィギアスケートのような個人競技の選手とコーチのような関係が。


お金は掛かりますが、プロを目指すなら悪い投資じゃないと思います。

時間を無駄にするのが一番もったいないですからね。





こんな内容は私じゃさせれないし、一般のジムでもできないし。

何より「これだけやってるんだから、絶対に目標を達成できる」という、

精神面にも良い影響が及んでいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なかなかいい練習ですね。
特に、下半身のバネが身につきそうな感じですが、ベースの筋力がなけりゃぁやらせることが出来ない練習ですね。

筋肥大に疑問を持つのは当然ですが
極端な話、野球の動きだけで得られる筋力アップには、限界があるので、筋肥大させた後に、野球の動きでシェイプアップして、必要な筋肉だけ残す。
って、やり方を、プロはしているはずです。
今の練習は、その中間って感じですね。

筋肉量や強さ、動きの質、柔軟性も含め、個人差が大きいので、パーソナルトレーナーでなければ、かゆいところに手は届かないでしょうね。
ただ、その内容が正解かどうかは、また、別の問題だとは思いますけど。
正解と信じてやり抜かないと、わからないのもまた事実なんで、今のトレーナー信じて頑張ってください。

ウチの息子は、昨日最後の大学野球終わりましたが
166cm体重62kgで昨日のMAXは141km(クイックのセットポジション)
※最後の1年で70kg→62kgまで絞り込んだ。
まぁ、メカニック的には、十分体を使い切っていると思います。
もちろん、もっと筋力つければ、145kmを超えることは十分可能だったと思いますけどね。
それでも、プロとしては不十分なので、第一線を退き、楽しい野球をするには、十分すぎるパフォーマンスですから、健康な体の状態で引退できることは幸せだと思います。

高校や大学で投手して、肩肘壊して・・・、または、イップスになって・・・
ってな話は、よく聞きますからね。第一線でできればまだしも、そうでなくなれば、楽しい野球すら楽しめないなんて最悪ですからね。

アンバサダーさん、こんにちは

> 今の練習は、その中間って感じですね。

筋肥大のウエイトトレーニングは独りでやって、それで付いた筋肉をトレーナーの指導で瞬発力(出力)に変えています。
内容は以前からやっている事と似ていますが、やはり真剣みが違います。1年間続けたら、何かしらの成果が得られると信じてやります。

> まぁ、メカニック的には、十分体を使い切っていると思います。
おっしゃる通りで、その体格の限界まで出し切ったでしょうね。
アタルにそのメカニックがあれば、150kmは問題ないのになぁ。

これで大きな区切りが付きましたが、これからの方が野球人生は長いと私は思うんです。
苦労した分だけ引き出しを多く持っているでしょうから、指導者としても野球を楽しめるでしょう。
あっ、親子で楽しめるんじゃないですか。こっちにはそんなチームありますよ。お父さんが監督で、息子がコーチって。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
49位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking