FC2ブログ

再出発

60ヤードのタイムをもう一度計ってみました。




6.6秒台?

ちょっとスタート時のストップウォッチのタイミングが遅い気もしますが(笑)・・・・


リクルートビデオだったら、この程度のごまかしは可愛いもんですが。


さて、今週からアタルのカレッジ生活が始まりました。

もう一度フレッシュマンからです。

日本的に言えば、2浪です。


寄り道しったて辿り着くのは、みんな一緒の所ですから。

(野球の引退が)少し早いか、遅いだけの違いで。


考えようによっては、怪我のないまま引退するより、

回り道した方が濃い時間を過ごせるかもしれません。

人生とんとんって思ってますから、これから良いことが待っているはずです。


ところで、2019年度は777名のカナダ人が、

アメリカのカレッジ(NCAA、NAIA、NJCAAなど)でプレーしました。

うちフレッシュマンが304名、シニアが124名ですから、

6割の選手は途中で野球を辞めている事になります。


JUCOの選手なら、4年制へ編入できるかどうかがポイントでしょう。

アタルもその中の1人です。


鍵となるのは、野手としてなら長打力と走力、投手としてなら球速と制球力でしょう。

極端な話、打者なら打率0.500・ホームラン0本・盗塁0と、

打率0.200・ホームラン20本・盗塁20なら、

後者の方が評価が高いでしょう。


投手なら防御率1.00・球速85マイルと防御率5.00・球速94マイルなら、

こちらも後者の方が評価が高いはずです。


上のレベルに行けば、現在の打率や防御率は当てになりませんから。

守備なら、脚が遅ければ強い打球に追いつけなくなるし、

肩が弱ければ打者走者をアウトにできなくなるし。


誤魔化しが効くのは、カネやコネが物を言うカナダ国内だけ。

アメリカでは、本当の実力が試されるでしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
86位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking