FC2ブログ

新しい投げ方

気温が上がると平行して、ロングトスの距離も伸ばしていくつもりです。




バッティングの方は、ティーでフォームを固めています。

イメージ通りにスイングできているか、ビデオで確認しています。


飛距離の方は、少しずつ距離が伸びていて、最長は110mくらいでしょうか。

ただし、打球の方向、角度はバラバラです。




ピッチングですが、アーロンのアドバイスで、新しいピッチングフォームに取り組んでいます。

簡単に言えば、できるだけシンプルに。

100球投げても疲れない投げ方です。

プライベートレッスン16回目

このくらいの力で投げると、肘に張りが出るそうです。

リハビリが順調に行ってないのか、こんなものなのか。




別に復帰を焦っている訳ではないですが、

目的地に向かって進んでいるのかどうかは不安になります。


さて、アタルと仲の良いピッチャーが肘を故障して、

近々PRP療法かトミー・ジョン手術を受けるそうです。


私の知る限りですが、90マイルを超えると、急に肘を故障者が増えます。

「〇〇君、90マイル出たんだって」って聞いた数ヵ月後、

「〇〇君、トミー・ジョン手術を受けたんだって」って、何度聞いたことか。


アタルと同年代のピッチャーは、同じような指導を受けてきましたからね。

何かしらの怪我に繋がる共通項があるんじゃないかと思ってしまいます。

ショック

今日、アタルはコルビーから戻ってきました。

あっちではチームの試合を観戦する予定でしたが、

全試合がキャンセルになったそうです。


-18℃だって。


このままではリーグ戦が消化できないので、

両チームともテキサス州まで出向いて試合を行わなければいけないかも、と。

やはり、野球をするなら温かい所に限ります。


さて、バッティングの方ですが、かなりショックを受けて帰ってきました。

変化球が全然打てなかったそうです。


今のスイング軌道ではコンタクトポイントが点になっているので、

線になるよう根本的にスイングを改造する必要があるんだそうです。

それが分かっただけでも、コルビーまで行った甲斐がありましたね。


ただね、こっちではボールを打てる環境ではないのでねぇ・・・・

どうしたものか。

Rapsodo Hitting

先週からアタルは、コルビーに滞在しています。

久しぶりのチームメイトとの再会に、さぞ楽しんでいる事でしょう。


昨日はバッティング練習をし、Rapsodo Hittingで計測したそうです。






結果は、Exit Speedが107mph、Distanceが398ftだったそうです。

比べる対象がないと、この数字が良いのか、そうでもないのか分かりませんが。


ま、ここが出発点で、ここからどれだけ伸びるかでしょう。

15回目

こういうのが知りたかったんです。




条件は違いますが、アタルの記録は298cm。

分かっていましたが、プロ野球選手との一番の差は技術面だと。


まあね、この子の場合は、身体能力があまりにも低すぎたので、

そっちばかりに時間を使って来ましたから、仕方の無い部分はあると。


さて、アーロンが女子ナショナルチームのコーチに就任してから、

トレーニングの日程が合わなくなることが多くなりました。


レッスンは月に2~3回になってしまいましたが、

その分内容は濃くなっています。

今回は、かなり追い込んでくれました。




ワークアウトの内容もどんどん難しくなっています。

これは身体能力を高めるトレーニングで、

次にそれを野球の動作に結びつける、そういう順序だと思うんです。


その作業は、公園の雪が溶けてからですね。

姉弟

晩御飯を食べた直後だったんですが、

体重が95kgに達したアタルです。


三桁まで行っちゃう?


いやいやいや。

本腰をいれて減量させなきゃ、どこか痛めそう。


さて、最近週に二日ほど、アタルのワークアウトにお姉ちゃんが付き合ってくれています。


2月11日 下半身のワークアウト




2月13日 上半身のワークアウト




終わった後は、家族揃って晩御飯。

その後、お姉ちゃんがマッサージを施してくれます。

時々、アタルの部屋から二人の笑い声が聞こえます。


一日も早く復帰を願う反面、

もう少しこういう日々が続いて欲しい気持ちもあるんです。

技術練習

コルビーの監督から

「バッティング練習をしておくように」と言われているそうです。


ですが、ここ数日雪が降って、グランドが使えません。

う~ん、どうしようか。


さて、この動画は雪が降る前日のものです。

(動画の順序と実際の順序は違います)




【ウォームアップ】

・ジョギング

・ダイナミックストレッチ

・ラダー


【ダッシュ】

・Aスキップ、Bスキップなど

・軽めの30ヤードダッシュ 3本


【守備】

・ゴロ捕球

・1Bの動きの確認

・ショートバウンド2種類


【バッティング】

・トスバッティング数種類

・メディスンボールスロー

・フリーバッティング(ウィッフルボール)


全部で1時間ほどの練習です。

って言うか、寒くて寒くて。


年々寒いのが苦手になっていってます。

バックランジ

「スクワット500lbできるのに打者をさせなかったら、

それは指導者側に問題がある」

それが1Bの起用を考えてくれている理由の一つなんだそうです。


今までの野球もそうでしたけどね。

体格の良い選手は、チャンスが貰えます。


もちろんそれは分かっていたんですが、

晩熟だったアタルはどうすることも出来なかっただけで。


Big3は17才の夏から始めたんですが、急成長しています。

ウエイトトレーニングは、アタルに合った練習方法なんでしょう。


さて、今回もいつものワークアウトの動画です。

ウエイトトレーニングの種類はたくさんありますが、

中でもピッチャーに必要なのは、バックランジ(0:44~)だと言われています。




来月はコルビーに行く予定なので、

ある程度動けるような体にしておいた方がいいでしょう。


久しぶりに会うチームメイトと一緒に練習できるように。

LAST

今朝も朝5時に起きて、アルバイトに出かけたアタルです。

ポジションは、Guest Experience Leader。




たぶん本人は気付いてないと思いますが、

10代でこの経験できることがどれほどラッキーなことか。

こちらがお金を払ってでも経験させたいポジションってことを。


というのも、移民の多いカナダでは、

コミュニケーション能力と年収が直結しているんです。


コミュニケーション能力の高さ=年収の高さ


と言っても過言ではないでしょう。

(コミュニケーション能力が低くてもそこそこの年収を得ている人もいますが、

たいていそれは危険な仕事です)


さて、動画の7番目ですが、4つのステップを踏んでいます。

私なりの解釈ですが・・・・


-LISTEN-

先ずは、お客様の言い分を十分に聞きます。


-APOLOGIZE-

次に、こういう状況を招いたことに対して謝ります。

そうすることで、ようやくお客様はこちらの話を聞く準備が整います。


-SOLVE THE PROBLEM-

その状態になったら、こちらが解決策の話を切り出します。


-SAY THANK YOU-

最後に、「ありがとうございました」という言葉も忘れずに。


このようなステップを順に踏まないと、言い争いになり、

どんどんエスカレートしていくでしょう。

そうなってしまってからでは、何を言っても喧嘩別れになるのがオチです。


もしアタルにこのスキルが身に付けば、将来色んな場面で応用が利くはずです。

職場でも、夫婦関係でも、子育てでも。


ちなみに日本のカスタマーサービスの場合は、

何でもかんでも、先ずAPOLOGIZEする店員が多い気がします。

工夫

「今日(昨日)のトレーニング見る?」

そう言って、私に動画を見せるアタル。




インスタに動画を投稿すると、仲間が見てくれます。

それが励みになっているようです。


さて、最近自分でプログラムを考えて、トレーニングできるようになりました。

自分の体と対話しながら、その日行うワークアウトを決めているようです。


<これができるようになると、成長する>と私は思っています。

肉体的にも、精神的にも。


ワークアウトは独りで行うことが多いのですが、なにせ寂しがり屋ですからね。

時にはお姉ちゃんと、時にはリトルリーグ時代のチームメイトと、

時には高校時代の友達と一緒に行っています。


ワークアウトに使っているジムは、全部で4ヶ所。

これも継続できる工夫でしょうか。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
681位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking